Skip to content

歯科用のマイクロスコープでできること

歯科医院で治療をして神経を抜いたはずの歯が痛くなって腫れてしまう、銀歯をかぶせたのに、痛くなる、あるいは銀歯がぽろっと取れてしまう。

治療をしたのにまた歯医者さんに行かなくてはならなくなってしまうことは珍しくありません。しかしそれらの症状には少なからず原因があります。

まず神経治療後の再発の場合は歯の神経のどこかの部分に感染している箇所が残存している可能性があります。マイクロスコープは肉眼では確認することができない細かな部分まで見ることができるため、原因の特定が可能となります。確認したうえでしっかり治療を行うことで再発を防止することができます。また虫歯の場合は、日頃のブラッシングも影響しますが、治療の段階でリスクを下げることがマイクロスコープで可能になります。

再発した虫歯の削る部分を少なくすることができるからです。削る際に使うタービンのバーも通常よりも小さなものを使うことができ被せものの精度があがり歯とぴったりのものを付けることも出来ます。また抜歯などで縫合が必要な外科処置を行う歯科医院で活躍しています。拡大することにより、最小限の傷口の大きさで治療を行うこともでき、また縫合に使用する針や糸も肉眼のみでは使用しない細いものを使うことができるからです。治療時に必要な傷を最小限に抑えます。傷の小ささは細菌が侵入する範囲が小さくなる訳なのでその後の腫れなども少なく早期の治癒が期待できます。このようにマイクロスコープは歯科医療の現場で精度の高い治療の手助けをしています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *