Skip to content

歯科医院にあるマイクロスコープ

今まで医療の世界でマイクロスコープが活躍していたのは、眼科や耳鼻科でした。

それが最近では歯科医院にも導入されるようになり、扱う先生も着実に増えています。マイクロスコープとは、顕微鏡のことで、肉眼で見るより拡大できるので精密な治療に役立ちます。従来の歯科治療というのは、お口の中の歯という限られた空間で行わなければいけないため、先生の経験や勘に頼っている部分がありました。特に歯の神経の治療は、直接見ることができないので難しい治療でした。虫歯になった神経を取り去ることができなければ、再発の恐れもあります。レントゲンで確認することもありましたが、立体を平面にして撮影するので、細かな部分まで写せないこともありました。

その問題が、マイクロスコープにより一挙に解決します。歯科で歯とても細かな治療が求められますが、肉眼で見るのには限界があります。マイクロスコープにより拡大することで、今まで見ることができなかったレベルでの治療が可能になりました。見ることで、正確な治療ができるようになり、再発のリスクもなくなります。再発すると、更に治療が必要になり、最終的には歯を抜かなければいけないという状態になってしまいます。

これが、再発を防ぐことで、歯の寿命をのばすことができるようになります。虫歯や歯周病といったお口の中の病気は進行性なので、放置しているとどんどん悪化してしまいます。マイクロスコープは正確な治療をすることにつながり、歯を残す治療に役立っています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *