Skip to content

マイクロスコープを使いこなす歯科医師

マイクロスコープは一般的に顕微鏡とも呼ばれています。

しかし小学校の理科室にあるようなものではなく、もう少し高度なもので、電子顕微鏡です。歯科治療はとても細か作業になります。かつては歯科医師の長年の経験による勘に頼っていました。しかしマイクロスコープを用いれば勘ではなく、見てしっかり確認することが可能となっています。また拡大するだけではなく明るさも治療用のライトよりもずっと明るく患部を照らします。また録画ができることも特徴となっています。

しかし、マイクロスコープは高額な機器であることと、導入さえすればすぐに使いこなせる機器ではないため、海外では当たり前のように導入されているものですが、日本での歯科医院での導入率はわずか数パーセントに留まっています。歯の神経をできる限り残す、それが不可能なのであればできる限り歯を残す、と言う保存を最大の目的にしている歯医者さんは、虫歯の治療でも顕微鏡による治療を行います。歯は多く削ればその分だけ弱くなります。

しかし虫歯を取り残してはかぶせものをしても結局、中でまた虫歯になってしまいます。虫歯だけを確実に削り、健康な部分は残すことが顕微鏡で可能となります。また歯の神経の治療ではその本領を発揮します。奥歯の神経は複雑に枝分かれしていいて歯髄をきれいに掃除をして完全に菌を残さないように治療を終える必要があります。この作業で細菌を残してしまうと菌が増殖してしまい、痛みが再発するリスクが高まるからです。マイクロスコープは治療の精度をあげることに役立ち歯科医療の現場で活躍しています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *