Skip to content

マイクロスコープを使う歯科で根管治療

歯の根本の神経にまで達しそうなぐらい、虫歯が悪化している人は根管治療を受けなければ、神経が死ぬ事になりかねません。

しかし歯の根管治療は、どこの歯科で受けても同じという事ではなく、歯の根の中にある汚れを取り除く技術を持たない医師もいます。そんな医師に出会わないためにも、歯の根管治療のためにおマイクロスコープを使ってくれる歯科で、歯の根の中まで綺麗にしてもらいましょう。なるべく神経を傷付けないように、マイクロスコープを使って細部まで確認しながら、根管治療を行ってもらえます。もし歯の根本に菌類や汚れが残っていると、歯茎だけでなくアゴの骨にまで菌類が侵食してきて、大手術を行う事になりかねません。

根管治療を行うために歯を削る際にも、余計に歯を削らずに済むからこそ、歯が完治するまでの期間を大幅に短くする事が可能です。口臭の原因となる歯石の取り残しも防げるので、歯の治療を行ったにも関わらず、口臭が軽減されずに困ってしまうという事も無いです。歯科で被せ物を作る際にもマイクロスコープを使っておけば、ちょっとした歯の溝などの形状に合わせた、理想的な被せ物を作ってもらえます。精密に計測をしてから作られる被せ物だからこそ、口内のフィット感が大違いだと喜ばれており、被せ物のコストパフォーマンスも向上します。

いつも被せ物の位置がズレてしまったり、食べ物が詰まってしまう可能性も減らせるだけでも、マイクロスコープを活用したいと考える人が増加中です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *