Skip to content

治療の負担を減らせるマイクロスコープがある歯科

虫歯の治療を受けている最中は歯の痛みの大きさよりも、治療のために歯科まで何度も足を運ぶ必要があるのが、大きなストレスに感じる人も多いです。

そんな患者さんのストレスや、外科処置の痛みを軽減するために、マイクロスコープは日本中で活用されています。歯茎や口内の粘膜に外科処置を行う必要がある際に、マイクロスコープで傷口の症状を調べる事によって、外科処置を行うべき範囲を細かく決める事が可能です。そのおかげで必要以上に口内を傷付ける事も無くなり、外科処置による出血の多さが気になっていた人も、不安無く治療を行えるようになります。

歯の被せ物を作ってもらう際にも、歯の細部までマイクロスコープで確認をしておけば、被せ物のサイズや形状をより正確に作りやすくなるのも利点です。被せ物と歯の間に隙間ができてしまうと、そこから菌類が入り込んで虫歯や口臭の原因になりますから、正確な計測を行ってもらえる歯科を選びましょう。マイクロスコープでは撮影機能が付いているものが多く、歯の細部まで撮影してもらう事によって、自身の歯の状態を知る事ができます。

歯の細部を映像や写真に残してもらう事で、初めて虫歯に対する警戒心を覚えたという人も珍しくありません。歯科ではデンタルケアの方法なども細かく教えてもらえますから、口内の写真を見て不安を覚えた方は、アドバイス通りのデンタルケアを始めて、歯科のメンテナンス治療を受けておきましょう。しっかりと歯の隙間まで治療してもらう事で、虫歯対策だけでなく口臭の予防にも繋がります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *