Skip to content

歯科のマイクロスコープは新人医師と相性が良い

過去に行われていた虫歯の診察は、正確なデータを元に症状を診断していたわけではなく、医師の長年の経験による勘を頼りにしていた部分もありました。

勘に頼った診察では技術力の無い医師や、経験の少ない新人の医師の場合は、虫歯や口内の病気の初期症状を見落としてしまいます。そんな問題を解決するために歯科で活用されているのが、とても小さな虫歯などの異常も発見できるマイクロスコープです。歯の治療するべき範囲を細かく把握できるために、一部だけ虫歯が残ってしまっていたせいで、すぐに虫歯が再発してしまう心配もありません。

人間の歯の形はとても複雑ですから、目視では歯の隙間にあるような小さな虫歯を見落としやすいので、マイクロスコープが活用をされています。虫歯治療だけでなく歯のメンテナンスにも活用されており、歯の隙間に残った歯石なども見分ける事で、虫歯の原因を減らす事が可能です。

自分の担当の医師は新人なので、本当に虫歯を完治させられるのか不安だと思った際には、医師の腕前よりもマイクロスコープの性能をチェックしまよう。最新式の機材が用意されている歯科であれば、経験の少ない医師であったとしても特に問題はありません。どれぐらい歯を削るべきなのか確認できるために、余計に歯を削られてしまったせいで、歯の耐久性が落ちるという事もないです。安心して治療を受けるためにも、歯科に置かれている機材の一つずつを比較して、虫歯の再発を防ぎましょう。
歯科医師国家試験対策の塾のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *