Skip to content

歯科には定期的に行くことが大切です

歯科は数多くあって身近にあるものですが、歯が痛くなるまで放っておくケースがあります。

歯の病気である歯周病は多くの人が感染して、歯が痛くなくても歯や歯茎の状態を悪化させています。永久歯は一度抜けてしまうと元には戻らなく、入れ歯など人工的な歯にしなければなりません。人口的な歯はメンテナンスが必要なことや、違和感が出ることもあります。高齢者になるほど歯が抜けるリスクが増えてくるので、なるべく若いうちから定期的に歯科に行くことが大切です。

歯周病菌は歯の根元にある骨まで溶かしてしまうので、歯科に行って歯周病菌の殺菌や、歯周病を抑えるために自分では取ることができない歯石や、細かいところの歯垢を取ってもらうことが重要です。3ヶ月に一度程度通うことによって、歯周病を防いで健康的な歯を保つことができ、いくつになっても自分の歯でいられます。現在では予防歯科というものが出てきて、定期的に歯医者に行くことと、毎日の歯磨きを丁寧に行うことが重要です。力を強くしすぎたりすると、歯が削れてしまったり、歯茎の出血の原因になってしまい、歯の状態を悪くしてしまいます。

歯磨きはきちんと磨けていると感じていても歯医者が見ると磨き残しているという場合があります。歯科衛生士からどのように磨けば良いかを教えてもらって、毎日の歯磨きを正確にできるようにしましょう。鏡を見ながら細かいところまで磨いて、歯と歯の間にはフロスなどを使って磨くと良いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *