Skip to content

プラークコントロールと歯科について

歯周病の原因は色々考えられますが大きな原因にはプラークが挙げられます。

歯周病の治療で一番重要なのはプラークを除去することですが、歯石の表面はプラークが付着しやすく、付着したプラークは除去しにくくなります。歯科などで歯石を除去することによってプラークが付着しにくい状態にして歯周病を治療します。歯石は歯磨きで除去することができないため、たくさんの人の歯に付着しています。歯石は一度除去しても暫くすると、また付着するため定期的に歯科に行って除去する必要があります。歯石を除去するスケーリングは、三ヶ月から六ヶ月に一度行うのが目安になりますが口の中の状態によって変わってきます。

また、スケーリングだけでなく、毎日家で行うプラークコントロールも、とても大切です。プラークコントロールとは、プラークの量を減らす活動の事です。プラークの中で細菌が産み生す毒素や酸が歯周病や虫歯の原因になるためプラークコントロールを行い細菌を減らすと歯周病や虫歯を予防することが可能です。プラークコントロールはブラッシングのことだと思っている人もたくさんいますがプラークコントロールはブラッシングだけでなく、デンタルフロスを使ったフロッシングや歯間ブラシを使うことなど歯に付着しているプラークを減らす活動全てを指しています。

今までフロッシングをしていなかった方がフロッシングをすると、ほとんどの人が出血をします。ブラッシングでは除去できなかったプラークにより炎症が起きていて、そこから出血するからです。フロッシングを継続すると炎症が治って出血しなくなりますので血が出るからといってフロッシングを止めないようにする必要があります。しばらく出血が続くときはフロッシングの方法が間違えだったり、出血箇所に問題がある場合があるので歯科で診察を受ける必要があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *