Skip to content

歯科衛生士や助手の仕事や資格

歯科医院には色々な仕事を持つ人が働いていますが、歯医者さんのほかに歯科衛生士がいます。

歯医者さんの診療の補助を行なったり、予防の処置や保健指導などを行って歯や口内の健康を守る専門家です。歯に付着している歯石や歯垢の除去をしたり、虫歯予防の歯磨き指導、診療の補助や器具などの準備や管理、受付、カルテの整理などたくさんの仕事を行います。歯科衛生士として働くためには資格が必要で、資格を取るためには歯科衛生士学校を卒業し、年1回行われる筆記試験に合格しなくてはいけません。またその他にも歯科助手と言うお仕事もあります。

歯医者さんの治療をサポートする大切な仕事を行う人で、患者さんの案内やカルテの管理、治療器具や薬剤などの整理、歯型を採取する際の準備や、歯の治療に使うセメントの準備などが主な仕事です。歯医者さんがスムーズに患者さんの治療を行なえるように、細かい作業を一手に担っています。検定試験を取得する必要がありますが、そのための受験資格は特になく誰でも受験をすることができます。

3級は歯の治療などの基本的な知識と簡単な診療方法、2級は歯や口内の治療に対して広い知識が必要となり診療方法の応用が身についていること、1級は歯や口内の治療などに対する深い認識があり、診療体制においても正確で迅速に対応することができることなど受験する級によって必要な能力は高くなりますが、取得することで活躍できる場を広げていくことができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *