Skip to content

歯科で行われるスケーリングについて

歯に付着した歯石を歯科にあるスケーラーという器具を使って除去することをスケーリングと呼びます。

歯科ではエアースケーラーを使ったり、超音波スケーラーを使ったりして歯肉炎の原因となる歯石を除去します。歯科では超音波スケーラーを歯石を除去する以外に、クラウンなど噛み合わせを調整するものを取り除いたり、歯の根管を洗浄するときにも使っています。またエアースケーラーは歯石を除去する以外に、歯を削るときや歯の根管を洗浄するときにも使っています。超音波スケーラーもエアースケーラーも、音波振動を使って歯に付着した歯石やバイオフィルムなどを除去します。

歯石を除去する効果は振動数が大きい超音波スケーラーの方が高いです。歯肉炎の炎症しているところに付着している歯石を除去するときには超音波スケーラーは効果的に歯石を砕いて洗浄することができます。超音波スケーラーに挿入されているチップは超音波により歯が損傷を少なくするために大きくて丸みを帯びています。チップが大きいので、歯肉炎の患部に挿入しにくいというデメリットがあります。

歯石を除去しているときに患者さんが感じる痛みは振動数の大きさによって異なるのですが、超音波スケーラーは比較的振動数が大きいので痛みが出やすくなります。エアースケーラーは出力が弱いため比較的患者さんが痛みを感じにくくなります。超音波スケーラーは出力を調節することが可能ですが、エアースケーラーは出力を調節できないことが多いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *