Skip to content

歯科医師になるためには

今は若者の間で医療系の仕事が人気です。

これも不景気に時代が続いたことで、安定した有資格の仕事に就きたいと感じる人が増えてからです。また、医療系の仕事は社会的に貢献度が高いと思われているため、多くの人が就きたいと感じるのでしょう。医療系の仕事でも医師はとても人気で、今は以前よりも医学部に入るための倍率が高くなっている状態です。薬学部や看護学部なども同様です。医学部に合格できなかった人や稼業が歯科医院だったりすると、歯学部を目指すという場合もあります。

歯学部に入って6年間の専門的な勉強をすることで、歯科医師になるための国家試験を受けることができるようになります。そこまでの6年間はとても厳しいものであり、実習や実験などを重ねてしっかりと学んだ上で卒業時に試験を受けることになるのです。大学によっては留年率も高く、進級するのも大変になっているところもあるのです。有資格の仕事に就くのは大変なのです。

また、大学の歯学部というのは国公立ならそれほどでもないのですが、私立大学ではかなり高額の学費がかかるものです。6年間で3千万円くらいはかかるところばかりなので、なかなかその費用を捻出するのに苦労することでしょう。一般家庭ではなかなか進学させるのが難しいのです。しかし、歯科医師の国家試験を合格して1年間の研修医の生活をこなすことができれば、晴れて歯科医になることができるのです。そこまでの道のりは長いものです。
歯科医師国家試験対策の塾のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *