Skip to content

歯科医師を目指すなら

今は不景気の時代が続いたことから、資格を使う医療関係の仕事に人気が集中しています。

特に医師になりたいと思う人が多く、そのためにこどものころから勉強をしている人も多いのです。しかし、現実的に考えてみても医学部の入試に突破するためにはかなり学力をつける必要があるため、なかなか合格できない人がいるのです。そういった場合には薬学部や歯学部に進路変更をする場合もあるのです。歯学部に進学をする場合には、目指すのは歯科医師になります。

国公立の歯学部であればどの教科も勉強をする必要があるのですが、私立ではいくつかの教科に絞ることで受験をすることができます。つまり、勉強はしやすくなるものなのです。そして大学の歯学部に入学をしたら、6年間専門的な勉強をしていくようになります。中には実験や実習などもあり、上の学年になると病院実習なども始まるのです。そして6年間で卒業をするころに国家試験を受験して合格できれば、1年間の研修医生活に入るのです。そしてその研修医としての期間が終了すれば、晴れて歯科医師になることができるのです。

歯科医師になるためにはしっかりと勉強をして国家試験に合格しなければなりません。それがまず条件になるのです。そして、人によっては大学病院に残る場合もありますし、開業をする場合もありますし、歯科クリニックに勤務する場合もあるのです。最終的には歯医者として働くことになるのです。今は女性もかなりいるのが歯医者なのです。
歯科医師国家試験対策の塾のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *