Skip to content

歯科医師になる為の大学選び

誰もが歯医者の数の多さに驚くこともあるでしょう。

街を歩けばあらゆるところに歯科クリニックを見かける機会が多く、その数はコンビニの数をはるかにこえるくらいです。ですから、過剰になり過ぎた状況で歯医者になろうという人も多くはないのですが、それでも志す人はいるのです。歯医者になるためには、まずは大学進学の段階から考える必要があるのです。また人によってはそういった大学にいくために高校や中学などをどうするのかということを早期に検討したりするのです。

大学を選ぶ際には、歯学部を受験するようにしていきます。歯学部のある大学としては国公立や私立などがあるのですが、自分の学力レベルを考えながらどこにすればいいのかを決めていきます。国公立では学費が安いのですが、ある程度の学力が必要になります。特に北大や東北、医科歯科などは難しいのですが、地方の国公立では若干緩やかなレベルになります。国公立は難しいという人では私立で探すのですが、私立ではかなりレベルに差があります。東京歯科は最も高く、今は昭和や日大、日本歯科などが続きます。

また、ほかにもかなりたくさんの私立の歯学部があるのですが、難易度が低いところほど国家試験に合格しにくくなってしまうことを知っておくといいでしょう。また私立の歯学部に入学するのを躊躇してしまう理由として学費の高さを挙げることができるでしょう。6年間のうちで3千万円以上の学費がかかるところが多いために、一般家庭ではなかなか進学させるのが難しいのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *